法人情報 About Us 事業 Projects
おしらせ News
リンク Links
新着情報
2019.01.10
共助組織による送迎支援
2018.07.14
住民同士が支え合える地域づくりを
2018.04.23
【ikigai】生きがい食材納入組合の30年度出荷計画会議
2018.03.28
湯沢市共助組織が市長報告会
2018.03.21
県南地区共助組織情報交換会
2018.03.10
「湯沢市共助組織ネットワーク会議」が設立されました

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

地域共生社会の最近のブログ記事

共助組織による送迎支援

国土交通省の総合交通メールマガジン及びホームページで秋田県南NPOセンターの取り組みと、共助組織(狙半内共助運営体)による送迎支援について取り上げていただきました。リンク先にアクセスしてご覧ください。 【2018/12/26】総合交通メールマガジン 第120号  http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/sou… 続きを読む>>
2019.01.10

住民同士が支え合える地域づくりを

秋田県南NPO情報誌「ハンサン」に掲載されました。 … 続きを読む>>
2018.07.14

【ikigai】生きがい食材納入組合の30年度出荷計画会議

生きがい食材納入組合(15世帯組合長高橋幸村氏)の30年度出荷計画会議がありました。高齢者が生きがいを持ち社会参加する「高齢者ビジネス」も今年で4年目となり、納入先として(社福)相和会さん、そして今年からは新たに(社福)悠西苑さんに受け入れしていただく事になりました。  納入量も昨年の3214㎏から4338㎏に増加となり、組合の皆さんも一… 続きを読む>>
2018.04.23

湯沢市共助組織が市長報告会

湯沢市内で先日設立された「湯沢市共助組織ネットワーク会議」が湯沢市の鈴木市長を訪問し、設立の報告と今後の連携についての話し合いが行なわれました。 共助組織からは、地域によって課題や事情が異なり、補完し合えるようなネットワークになれるよう頑張りたいという報告があり、鈴木市長からは地域事情はそれぞれ異なり支援のしかたも異なると思われるが、市としても出来… 続きを読む>>
2018.03.28

県南地区共助組織情報交換会

3月18日(日)、秋田県南部男女共同参画センターで「県南地区共助組織情報交換会」が開催されました。 県南地区の共助組織が一堂に集まるのは今回がはじめてです。 特に豪雪に苦しんだこの冬の雪下ろしや雪よせの話題が中心でした。   今年6年目を迎えた組織もあり、運営資金の調達方法や、雪以外の活動について活発な意見交換が行われました。 特に新しい… 続きを読む>>
2018.03.21

「湯沢市共助組織ネットワーク会議」が設立されました

3月9日(金)、湯沢市の共助組織7団体による『湯沢市共助組織ネットワーク会議』が設立されました。新規組織・従来組織に関わらず相互の活動についての情報交換、組織運営や財政基盤等の安定化、更なる地域福祉の充実に結び付くことなどを目的とするものです。 また、当日は例年になく豪雪に悩まされたこの冬の活動報告、次年度へ向けた意見交換も行なわれました。 … 続きを読む>>
2018.03.10

八王寺三区「結いの会」

2月15日の秋田魁新報で八王寺三区「結いの会」の活動が取上げられました。 … 続きを読む>>
2018.02.16

共助組織の除排雪活動がはじまりました

【共助組織の活動がはじまりました】今年は例年よりも早く雪が積もり、共助組織が動き始めた地域もあります。横手市八王寺三区「結いの会」では昨年より半月早い仕事始めとなりました。地域の安心安全を守る大事な活動をサポートしていきます。 … 続きを読む>>
2017.11.25

横手市と狙半内共助運営体が自家用有償旅客運送

横手市と狙半内共助運営体が自家用有償旅客運送の実証実験開始にかかる契約を締結しました。 11月27日から1日4往復の運行が開始されます。 運転に当たられるのは地域の7名で、一番奥の滝の下集落を出発し、十文字町の高橋整形外科までの運行となります。 この新たな共助の取り組みもまた、安心して暮らせる地域づくりに結びつくものと期待が寄せられています。 (1… 続きを読む>>
2017.11.10

保育園児と高齢者のハロウィン交流会

ますだ保育園に狙半内地区のお爺ちゃんやお婆ちゃんが訪れました。 お爺ちゃんやお婆ちゃんはハロウィンのコスプレで現れてサプライズ。 園児たちの上手な演技を見てとても盛り上がりました。 最後になるとお互い名残惜しそうに何回も手を握ったり、タッチをしたり、玄関を出てからも何回も手を振っていました。   狙半内共助運営体(奧山良治会長)とますだ保… 続きを読む>>
2017.11.03