法人情報 About Us 事業 Projects
おしらせ News
リンク Links
新着情報
2022.02.23
『癒しフェアinみさと』開催延期のお知らせ
2022.02.21
共に頑張れる仲間の大切さ(狙半内共助運営体)
2022.02.21
うごまち除排雪ボランティアチーム
2022.02.04
高齢者世帯へのお弁当の配布(保呂羽地区自治会-横手市)
2022.01.13
地域住民による買い物支援(保呂羽地区自治会-横手市)
2021.10.20
スマートフォン操作体験会(無料)のお知らせ

2022年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

共助組織の原点を振り返って

| コメント(0)

 

最近は共助組織が「除排雪団体」に変換されてしまった感がありますが、あらためて原点を振り返ってみました。
平成23年、「高齢過疎地域における共助力アップ支援事業(横手モデル〉」で目指したのは、5年後10年後も安心安全に暮らせる地域のために、行政のみに頼らないで自立可能な地域共助の核となる「地域運営組織」の育成等に力を入れることでした。
高齢者世帯等への共助除雪など、地域課題の解決を目指す自治会、町内会等の団体に対して、活動するための組織化や継続した活動を行うための支援を行うなど、体制の構築と強化を図ることを目的としていました。
〈横手モデル〉としたのは豪雪という課題をきっかけとした組織づくりを行なうというイメージからでした。
平成23年11月30日の「がんばる地域応援ブログ」でその意気込みと不安を書きました。

最近は共助組織が「除排雪団体」に変換されてしまった感がありますが、あらためて自分たちが共助組織に取り組んだ原点を振り返ってみました。

平成23年、「高齢過疎地域における共助力アップ支援事業(横手モデル〉」で目指したのは、5年後10年後も安心安全に暮らせる地域のために、行政のみに頼らないで自立可能な地域共助の核となる「地域運営組織」の育成等に力を入れることでした。

高齢者世帯等への共助除雪など、地域課題の解決を目指す自治会、町内会等の団体に対して、活動するための組織化や継続した活動を行うための支援を行うなど、体制の構築と強化を図ることを目的としていました。

〈横手モデル〉としたのは豪雪という課題をきっかけとした組織づくりを行なうという意味でもありました。


平成23年11月30日の「がんばる地域応援ブログ」にはその意気込みと不安が書かれています。

1130.JPG

 

原点である当時を振り返り、これからの地域づくりについて考えてみたいと思いました。

今また同じことに不安を抱える人がたくさんいるはずであり、少しでもお力になれますと幸いです。

 

 「RMO(地域運営組織)による総合生活支援サービスに関する調査研究報告書」

http://www.soumu.go.jp/main_content/000284562.pdf

p1.JPGp2.JPGp3.JPG


コメントする