法人情報 About Us 事業 Projects
おしらせ News
リンク Links
新着情報
2017.11.25
共助組織の除排雪活動がはじまりました
2017.11.03
保育園児と高齢者のハロウィン交流会
2017.09.05
お楽しみサロン(保呂羽地区自治会)
2017.06.13
組織の自立と安定運営を目指して
2015.11.18
藤里町議会の視察研修でした
2015.09.02
秋田型地域支援システムトライアル事業

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秋田型地域支援システムの最近のブログ記事

共助組織の除排雪活動がはじまりました

【共助組織の活動がはじまりました】今年は例年よりも早く雪が積もり、共助組織が動き始めた地域もあります。横手市八王寺三区「結いの会」では昨年より半月早い仕事始めとなりました。地域の安心安全を守る大事な活動をサポートしていきます。 … 続きを読む>>
2017.11.25

保育園児と高齢者のハロウィン交流会

ますだ保育園に狙半内地区のお爺ちゃんやお婆ちゃんが訪れました。 お爺ちゃんやお婆ちゃんはハロウィンのコスプレで現れてサプライズ。 園児たちの上手な演技を見てとても盛り上がりました。 最後になるとお互い名残惜しそうに何回も手を握ったり、タッチをしたり、玄関を出てからも何回も手を振っていました。   狙半内共助運営体(奧山良治会長)とますだ保… 続きを読む>>
2017.11.03

お楽しみサロン(保呂羽地区自治会)

9月4日、横手市大森町の前田公民館で保呂羽地区自治会主催のお楽しみサロンが開催されました。スタッフを入れてなんと参加者60名!みなさんとても明るく元気です。ハンドベル演奏やピアノ、合唱など内容も豊富です。保呂羽地区の凄いところは、県道草刈り受託等で稼いだ原資を基に、高齢者サロンや買い物ツアー等の課題解決事業を行っていることです。昨年総務省事業で作成… 続きを読む>>
2017.09.05

組織の自立と安定運営を目指して

県南地区の共助組織には、行政(補助金)になるべく依存せず、独自の共助活動資金確保にとりくんでいる組織がたくさんあります。 「地域でできることは地域の力で」これからの地縁組織の在り方を実践しています。 ※写真は6月13日(火)に行なわれた金澤陣館会の河川草刈り作業(平鹿地域振興局の委託) 蓄えられた資金は冬の除排雪資金などに使われます。 … 続きを読む>>
2017.06.13

藤里町議会の視察研修でした

11月18日は秋田県藤里町議会議員(10名中9名の参加)の皆さんの共助(横手モデル)についての視察研修でした。共助組織設立の経緯説明のあと、横手の共助組織代表者からそれぞれの取り組みについて発表していただきました。人口減少や雪対策・買い物等抱えている課題が同じだけに「大変参考になった」「早速共助組織づくりに取り組む」と喜んでいただきました。… 続きを読む>>
2015.11.18

秋田型地域支援システムトライアル事業

横手市大森町の保呂羽をモデル地区とした【秋田型地域支援システムトライアル事業】が始まりました。1、地域住民による「暮らし何でも相談所」を開設2、地域の高齢者を対象とした見守り活動 3、たまり場として「サロン」の開催運営と買い物支援この三つがセットで、住みよい地域を目指すものです。県内初のモデル事業なので、自治会役員の方々と県庁担当者が内容について納… 続きを読む>>
2015.09.02

藤里町のNPO法人が視察に訪れました

5月15日、私たちが日頃お世話になっている県の地域活力創造課の紹介で、はるばる藤里町から「NPO法人ふじさと元気塾」の藤原理事長をはじめ地域支援システムモデル事業担当の方が、『共助〈横手モデル〉』について勉強に来られました。 県北と県南で離れていても地域課題や向かう方向はほぼ一緒です。これから藤里町で共助組織の立ち上げ支援にも取り組まれるとのことで… 続きを読む>>
2015.05.17

共助活動の知事報告会でした

11月17日、県南地区の共助組織代表者の皆さんと秋田県知事を訪問しました。横手市の保呂羽・南郷・三又・狙半内の各共助組織代表からは、この2年間の取り組みを報告、湯沢市の羽場・市野・皿小屋地域生活サポートシステムと岩崎生活サポーターの会、そして美郷町の黒沢共助隊のみなさんが、結成報告を行いました。佐竹知事からは、「秋田型地域支援システム」として、期待… 続きを読む>>
2014.11.18